MENU

遠距離への少量の引越しを格安で!引越のプロスタッフ

少量の引越しで新居が遠距離のあなたにおすすめしたいのが引越のプロスタッフという会社です。何かと高くなりがちな遠距離引越しを格安の費用で提供します。

 

例え一人暮らしで荷物量が少ない場合でも移動距離が遠距離と呼べるほど遠い場所になるとその距離に比例して引越し料金の相場は高くなるのが一般的です。

 

加えて遠距離の引越しは業者間の料金差が大きく、いかに安い費用で運搬してくれる業者を見つけるかが大切なのです。

 

引越のプロスタッフという会社は、少量の荷物専用の引越し単身パックを提供し、なおかつ遠距離輸送のコストを混載便や帰り便によって削減することに成功しています。

 

遠距離への少量の引越しを格安で依頼したいならおすすめの引越し業者です。

 

プロスタッフの公式サイトへ

料金比較にもおすすめなプロスタッフの電話見積もり

料金差が大きい遠距離引越しを少しでも安くするためには、できるだけ多くの引越し業者から見積もりを取ることが大切です。できれば遠距離引越しが得意な業者を絞れれば効率が高いのですが、その見極めは一般の人では困難です。

 

そんな時に活躍してくれるのがプロスタッフの電話による見積もりです。一般的に引越し業者はお宅を訪問して実際に荷物を目で見て見積もりをすることが多く、それが遠距離であればなおさらです。

 

しかし、引越のプロスタッフでは一つ一つの荷物を独自のポイントシステムで計算し荷物量を把握することで、電話での見積もりでも確定の料金を提示しています(お客様の荷物の申告漏れによる追加料金はあります)。

 

少量の荷物での訪問見積もりであっても一社30分は見込んでいないといけませんし、余裕を持って業者を呼ぶとなると、忙しい引っ越し前の時期に呼べる引越し業者の数は自ずと限られてきます

 

それでも見積もりを取った業者の中に遠距離引越しが得意な会社があればいいのですが、無ければ予算オーバーの見積もりは免れません。

 

少量の遠距離引越しを少しでも安くするために、ぜひ引越のプロスタッフの電話見積もりを活用してください。

 

混載便や帰り便で遠距離引越しを安くします

一般的に遠距離引越しは大手の方が全国にあるネットワーク網を駆使して安くできる傾向にあります。一方、引越のプロスタッフでは特に流通量の多い関西(京都、大阪)、関東(神奈川、千葉)に支店を出店し、それ以外の地域については同業他社と手を結ぶことで独自のネットワーク網を構築してきました。

 

同一地域への荷物を大きなトラックで積み合わせる混載便で、燃料費、高速代、人件費などのコストを削減し、引越し先からの帰り便についてもトラックを無駄なく走らせるように余念がありません。

 

中小企業の割安感とフットワークを活かしながらも、大手並みのネットワークで遠距離輸送のコストを削減し、安い費用で高品質なサービスを提供できるように努力しています。

 

引越し先が遠方になるほど、その費用は比例して上がり、その値段に驚かれる方も多いと思います。他社の見積もりが高過ぎて困っているなら、気軽に電話で見積もりを聞けるプロスタッフまでお問い合わせください。

 

引越し費用は工夫次第でまだまだ安くなる

ここでは引越し費用をさらに安くするための方法をご紹介します。複数の引越し業者から見積もりを取ったけど、予算には程遠い場合にお役立てください。

 

混載便を狙うなら見積り時期を早めに

混載便による遠距離引越しの値引き効果はいかに同一地域への荷物をたくさん集めるかに掛かっています。引越し業者から見積もりを取った時期が予定日直前だと、便集めをする時間が無いために思ったほど安い見積もりを得られません。

 

少量の荷物であっても、できるだけ早め(できれば1ケ月前)に見積もり依頼することができれば格安の見積もりを得る可能性が高まります。

 

暇な日に依頼すれば半額も夢じゃない

引越しは忙しい日と暇な日の料金差が驚くほど大きな業界です。特に3月から4月に掛けての繁忙期は予約を断られるほど引越しが集中する時期で値段も高騰します。

 

それ以外の時期についても平日よりも休日、月初よりも月末の方が高い傾向があり、より暇な日を選ぶことができるのであれば忙しい日と比較して半額の料金も普通にあり得ます。

 

引越し費用を少しでも安く抑えたいのであれば、日程の変更もぜひ検討してみてください。

 

荷物を上手に減らそう

距離に比例して費用が高くなる遠距離引越しで荷物を減らすことによる値引き効果は絶大です。もう使わない物を捨てるのはもちろんのこと、比較的新しい物であっても時には、新居で買い直した方が安くつく場合があります。

 

引越しにおいては重量よりもどれだけ荷台でスペースを取るかの方が重要なので、積み重ねしにくい自転車などは費用対効果が高い荷物の一つです。

 

単純に処分すると費用も掛かるので、リサイクルショップによる買取りやメルカリなどのフリマアプリでの販売も念頭におき、処分費用が掛かるのであれば知り合いにあげるというのも選択肢の一つとして検討してみましょう。

 

持っていく荷物がダンボールだけになれば宅配便による引越しだってできるのですから。

 

依頼する荷物をコンパクトに荷造りしよう

引越し先が長距離で荷物が少量の場合は、ダンボール1つで料金が大きく変わる場合があります。荷物を減らすのも大切ですが、荷造りの方法を工夫することで容量を小さくまとめることができます。

 

まず分解できる物はできるだけ細かく分解することで小さくなります。特にスチールラックやカラーボックスは分解しておいた方が余分な隙間ができにくくなります。カラーボックスについては、衣類やタオルなどを詰め込んで一つの梱包資材とすれば分解をしなくても済む場合もあります。

 

ダンボールについても、食器や本を詰め込むと隙間ができやすくもったいない場合があります。隙間ができた時にタオルや靴下などの柔らかくて比較的小さな物を詰め込んでいくことで、ダンボールのスペースを有効活用できます。

 

梱包用ダンボールを自分で集める

梱包用のダンボールを契約によってプレゼントしてくれる引越し業者は多いですが、少しでも安くしたいならダンボールを自分で集めることで値引きに応じてくれる会社もあります。一家の引越しで大量のダンボールが必要な場合は、引越し専用のダンボールを使うことを推奨しますが、少量の荷物であれば積み重ねの段数も少ないので、強度に問題がなければ良いと思います。

 

強度的には大きくて柔らかいお菓子やトイレットペーパーのダンボールはおすすめできません。一番のおすすめは電化製品を梱包していたダンボールです。野菜や果物のダンボールも硬く作られていますが、湿気により柔らかくなっていないかどうかの確認が必要です。

 

時に書籍を紐で結んでいるだけのお宅があるのですが、あまりおすすめできません。積み重ねができなく運搬中に紐がほどけてることもありますので作業遅延にも繋がります。

 

トラックの到着時間を指定しない

少量の荷物の運搬では引越し業者は1日に何件ものお客様を回ります。この時、遠回りをしないようなルートで運搬できれば引越し業者としてもコストダウンに繋がり、それだけ安い料金で提供できます。

 

特に引越し先が長距離の混載便の場合は、近距離と比較しても配達先が広範囲に及ぶためにルートが一つ変わっただけで何十キロの遠回りになることもありえます。トラックの到着時間を指定しないフリー便を選んでおく方が、料金的には有利です。